君の手のひらから

いつも冷たい君の手が 今日はやけに熱いのは ほかの誰かのそばにいたから? 「今日は冷たい手をしてるのね」って つつみこんで 自分の方にひきよせた 君の顔がやけに 大人びてみえる 君の手のひらから 気持ち冷めてゆく 僕の手 […]

ある日、突然

神様が、僕の目の前に来て、 こう 言ったんだ。 「あ、君ね。  失敗作だったから  回収されることになったから」 さて、僕はなんて言えばいいんだろう?

決して彼らのようではなく

ひとの話なんか誰も聞いてはいない ということに気がついてから 僕は自分から話しかけることはやめようと決心した 「口から産まれてきたような子」と 親にまで揶揄されるような僕にとって 日長一日黙っているのはかなり困難なことの […]

コインランドリー

真夜中のコインランドリー                      は で                             ひ ちょうど                          と 金魚         […]