写メ

ガチのカメラだと警戒されるけど 写メくらいならわりとあっさり 音がしてから「なんだよ」って顔で だけどアルバムには君の姿 誰にも見せない あたしだけが知ってる 目を伏せたときのまつ毛のカーブが好きで あんまりいじるのが好 […]

ひとりあそび

おおぜいであそんでいるのを見ているのがすきだった ときどき中に入りたいとおもった できなかった たまにうまくいったときにぼくをきらいな人たちが さっといなくなることがあってそれにきづくと ぼくが中に入ってからだれかがいな […]

howdy

おはよう こんにちは 僕の声は聞こえますか ぬいぐるみ相手にしていた練習も そろそろ終わりにしたいのです 外は晴れ 帽子をかぶって出れば なんの問題もありません 誰とも目が合わせられなくても 哀しむことはしたくないのです […]

通勤電車

僕の身体に割りこむようにして君の身体が侵入してくる。 厄介さと充実感。 熱さと苛立ち。 ぴったりとはりついた僕たちは少しずつ体温を上げ、 知らず、前歯に力を入れる。 我慢とか。やり過ごす力とか。 隙間があいて、ずらす眼前 […]

あかり

思い出に灯をともして 一列に並べる 一つ置いては一歩下がり 一つ置いては一歩下がる 光の列が長くなって大きく蛇行した川になる頃 君との思い出はすべて光になり 僕の来た道を照らすのです 君との思い出を燃料にして 灯はゆらり […]